スマホ版より、右上にある
PC版の方が見やすいかも。。。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 【音が出ます】 | main | 【左右で…】 >>
【私が弾いた最後の曲】


とっても個人的な

一人に対しての日記

になります。


スルーで。




ヤスへ。


私がけん盤をやめた理由は

ご存じのとおり。


で。

質問された

エレクトーンをやめて

バンドを始めた理由。


昨日の日記にも書いた。


ずっと習ってた先生が

突然オーストラリアに

行った。


一緒に習ってた子達とは

バラバラになり


ヤマハでは、かなーり

有名な男性の先生に

託された私。


そんなことになるとは

思ってもみなかった頃


指導グレードも取り


さらに上を目指すべく

柏木玲子さんという

エレクトーンプレイヤーの

プレリュードという曲で

苦戦していた。


7/4拍子だか

8分の7拍子と8分の6拍子

だかが混ざる変拍子。


当時のエレクトーンでは

不可能なリズムゆえ


1つ1つ、手打ちで

ドラムスを入力していく。


夜明けをイメージした

静かなイントロから

始まるその曲は


当時のエレクトーンでは

腕をもって表現しないと

ただの退屈な曲になる。


弾くことはできても

そこに気持ちをいれていく

ことが難しかった。



YouTubeで検索。

いくつも出てくるが

柏木さんの弾いてる物とは

ほど遠い…


プレリュード一人目

音が出ます



プレリュード二人目

音が出ます



プレリュード三人目

音が出ます



二人目の方のを見ると

わかるけど

両足でベースを弾く。


変拍子なうえ。


慣れるまで

大変だった。


とっても怖い先生が

その曲で、やっと

私の腕を認めてくれた。


夜明けからの激動が

目に浮かぶと。



そんな時に

突然、他の先生になり



怖かった先生と一緒に

リズムを打ち込み

音を作り


テストでも

ものすごい好評価を得た

その曲を弾きだすと


新しい有名な先生は

パパパと音を替えだした。


夜明けのイメージが…


まさにYouTubeの

一人目の方のような…


ダイナミックな感じに

変わった。



そうじゃない。


もっと繊細なの。


陽が登り

冷たい空気の中に

光がさし

鳥たちが鳴き出す。



そんな光景が

新しい先生のイメージと

一致しなかった。


その瞬間

私は、やめますと

先生に言って

部屋を出た。



事務所に行き

退会手続きの書類を

もらって帰った。


家に着くと

号泣しながら


もうエレクトーンやめる。

って母に言った。



何度も、やめるって

言ってきたけど

ダメだと認めてくれなかった

母も


私の、ただならぬ様子に

何も言わず

やめさせてくれた。



奇病で二年も入院して

ほとんど保育園に

行けなかった私が


初めて、やりたいと

言いだしたエレクトーン。


とっても怖い

厳しい先生が嫌で

何度も何度も

やめたいと言って

泣いてきた。


でも10年間

毎日何時間も練習した。


弾けないのが

嫌なんじゃなく

怒られるのが怖くて。


先生に笑って

○をもらう為だけに

小学校三年生くらいまでは

嫌々、練習した。


テストや発表会、

コンテストでは

怖い先生が横にいない。


その頃からやっと

楽しくなってきた。


とっても良いですねって

試験管の先生達も

ほめてくれる。


お客さんが

すごい拍手をくれる。


もっとうまくなりたい。

エレクトーン楽しい。


気がつけば

先生も怖くない。


もっと教えて。

どうしたら

うまく弾ける?



とっても怖かった先生を

信頼しきっていた。


それに気づいたのは

先生がいなくなり


新しい先生に

なった時。



今、YouTubeで

プレリュードを聴く。


違う。

そんなんじゃない。


技術的なことじゃない。


情景が浮かばない。


ただ弾いてるだけ。

細かいテクニックを

詰め込んでるだけ。


弾くことに一生懸命で

気持ちなど入ってない。


ラストあたりは

ただの早弾きじゃない。


一番の盛り上がりなの。





指はまだ

鮮明に覚えてる。


当時の私なら

もっとうまく弾けてた。


あの鬼のような先生が

初めて

認めてくれたんやもん。


指は覚えてるのに

弾けない自分に

イライラする。


あの後

私がとった行動は

間違えていたのかな。


とか


いや、だからこそ

今の私がいるんやって

思ったり。


まぁ…

そんな理由で

突然、エレクトーンを

やめた。


ちなみに

私が尊敬していた

めちゃめちゃうまかった

お姉ちゃんは

日本音楽療法学会認定の

音楽療法士として

頑張ってる。


さて。


3時やし。

1時間も日記書いてたし。



寝るべ。






スポンサーサイト
COMMENT