スマホ版より、右上にある
PC版の方が見やすいかも。。。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【音が出ます】


埼玉のチョから

jazzのお勧めを聞かれ


そこから、いろんな話を

していたら


なつかしい曲が

YouTubeに

出てきた。


私が中学の頃に

弾いてた曲。


私が弾いてるものでは

ないですが

この本、この曲を

私も弾いてました。




Burning ←音が出ます



さらに

スペイン←音が出ます




イスラエル←音が出ます




この方、うまーい♪

講師の方みたいですね。


なつかしい。

どちらも、めっちゃ

練習した。


今でもたぶん

指は覚えてる。



娘の記憶に残ってるのは

この有名な曲


truth←音が出ます


娘が小さかった頃に

音楽の仕事をしていて


ストレスが、たまったら

よく弾いてた。


簡単で、かつ

すっきりするの。


この弾いてる方も

うまい♪



そして

この曲も、よく弾いてた。


ご本人の演奏を見つけた。


三原善隆さん


ナイトライダー←音が出ます



さらに見つけた。

これはエレクトーンでは

ないけれど


大好きで

狂ったように弾いてた


シャカタクの

ナイトバーズ
←音が出ます



なつかしい。

中学の頃に、毎日

ヘッドフォンをして

四時間、練習してた。



諸事情により

腕を壊して

弾けなくなって

しまったけれど。


こうやって

聴いてると


今すぐにでも

弾けそうなくらい

指が覚えてる。


20年以上

昔のことなのに。



高校生になって

先生が、いきなり

オーストラリアに行った。


10年以上も

習っていた私達を

突然、他の先生に預けて。



それ以来

私はエレクトーンをやめ

バンドをやりだした。


とっても実力のある

厳しい先生に習い

レッスンが怖かった。


レッスンの前日には

決まって、お腹が痛くなる。


おかげで

どんなグレードテストも

コンテストも

怖くはなかった。


誰より怖い先生が

横にいない演奏は

楽しかった。


お客さんや

審査員なんか

何ともなかった。


ただ先生が

誰よりも怖かった。


その怖かった先生が

言った。



『貴方は、先生には

むいてない。

プレイヤーむきね』


だったら指導グレード

取らすなよって

思いながら

何も言えなかった。



先生にも

プレイヤーにも

なりたくはなかった。


ただただ

早く大人になり

先生から

音楽から逃げたかった。



先生にも言いたい。


先生だって


先生にはむいてなかった。


そんな貴方に

ついてきた私達を

簡単に捨てたのだから。



でも

プレイヤーとしては

最高に技術のある

才能もある人だった。



今はどこで

何をしてるんやろ。


私より20歳以上、年上。


もう60歳オーバー。


ありがとう



ばかやろうを

彼女に言いたい。





【ええね♪】


昨晩のオールカラオケ





ラストは、この映像。





目んたまに、xxx


曲名、xxx (キスキスキス)

L'Arc〜en〜Ciel


昨日、歌ってもらってたのを

途中で消された曲(−−)

根にもってマス(怒)


バンド仲間に歌って

もらってきた♪


スタジオあがりの子が

ギター持ってきてたので

カラオケ + ギターも♪


楽しかったー♪


で。

夜、21時からニコ生で

大場唯クンの歌を聴く。


帰りの電車だったので

最初の方は聴けなかった(T_T)


ええなぁ…



♪HIKARI


【足早に過ぎてゆく

季節が夢を運ぶ

がむしゃらに追いかけて

流した汗は嘘つかないんだ


孤独との戦いの中

負けそうになっても

今はまだ泣くべき時

じゃない!!


今までやってきた事は

何も間違っちゃいない

さぁ涙拭いて立ち上がれ

君が描くその未来に

光が射すように

ずっとそばで

見守っているよ】


HIKARI は、歌詞がすごく

好き。

もともと爽やかな

コード進行は

好きじゃない。


けどこの曲の

今はまだ泣くべき時じゃ

ないってとこと、


今までやってきた事は

何も間違っちゃいないって

歌詞が、すごく好き。


いつも私は反対に考えて

しまうので。。。

この曲を頭に

自分を変えたいと思う。



そして


♪もう一度…


【どんなに僕が

想っていても

ダメなんだよね

届かないよね

もう一度会いたいよ


どうしてあの時

素直に受け止めたんだろう

強がることが最後の

優しさだと思った


似たもの同士だから

譲りあうことばかりで

一つの傘じゃ

守りきれずに…】



って歌詞が好き。

こんなセリフを

言われた事を思い出す(笑)


そして

昔、私もそんなふうに

思ったことがあった。

ずっと長いこと

自分の中に、

閉じ込めていた歌詞。

もう一度会いたい人を

思い出す一曲。




♪君に届け


【ちょっぴりワガママで

頑固者な君だけど

柔らかな笑顔くれた

掛け替えのない人


君の何を見てきただろう

全てを見せてくれた

そんな君を信じられず

なぜ僕は逃げて

しまったのだろう】



これはー…

すみません。

全く共感できませぬ(((^^;)


このタイプの別れは

自業自得やんって思う。

後から後悔しても遅い。


信じることができない

とか、無理ーー…。


けど

なんか好きなんよね。


それで、ええと思う。

大場唯クン

素敵な声です♪






お宝♪







【なくなるんやね。。】




高校生〜社会人二年目

くらいまでかな…


1歳上から10歳年上の人達と

ツインキーボード
(ピアノの人と、私がシンセ)

ツインギター
(エレキと、アコギ)

ドラム、ベース、ヴォーカル

7人もいるバンドにいた。


オリジナルだったけど

とにかく音物が多くて

ツインギターやのに

キーボードもツイン!?と

他のバンドの友人達にも

笑われた。。。


とにかくガチャガチャ

していたけど

皆、年齢がバラバラで

家族のように楽しかった。


お兄ちゃん、お姉ちゃんが、

いっぱいできた感じ。


長女の私には新鮮。


さらに

住んでる場所も

奈良二人

大阪三人

京都一人

兵庫一人


バラバラ(笑)

スタジオに集合するのも

車が混んだりして

バラバラ(笑)



けど重いキーボードを

持ったげよ♪って

運んでくれたり。

シールド巻いてくれたり。

かなーり皆に、甘えてた(笑)


それぞれに

音楽をしていた期間も長い。

けどジャンルはバラバラ。



私はジャズ

別の人はハードロック

別の人はフォーク

別の人はポップス


もうバラバラ(笑)


しかもオリジナル。


朝からスタジオに入り

ランチしながら

あーだこーだと、よく

もめた(笑)


あそこのアレンジは変だ

とか

でしゃばりすぎ!!とか(笑)



真夜中まで、ファミレスで

語り合ったり

合歓の郷に合宿に行って

車二台でドライブだぁ〜♪

って往復も楽しんで。


二日間食べる、寝る以外は

ずーっと

スタジオにこもってた。


あ。

夜中に怖い話大会したな(笑)


休憩中にも、休まず

誰かしらコードを弾きだす。

すると

ワーっとみんな入ってって

なんやわからん曲が

できてしまったり(笑)


T-SQUAREの話になり

OMENS OF LOVEを

ギターが弾きだした。


私も入る。

ギターソロも私が

弾いてやるわよっ♪


するとギタリスト爆笑。


『超早弾きやーー(笑)

すげー(笑)負けるかっ(笑)』


もう負けず嫌いの集まり。

すぐセッションが始まる。



音楽以外でも

突然、夜中に

『加奈ちゃん、今から

京都にラーメン食べに

行くけど…行く?』と

電話がきたり(笑)


途中からメンバーが

ボウリングにはまり


スタジオよりも

ボーリングしてる時間の方が

長い時期もあった。


朝から真夜中まで、

28ゲームとかした(笑)


メンバーの家に集まって

ご飯食べたり


皆でライブ聴きに行ったり。


今は、なくなった

バナナホールでのライブで

楽屋に入ったら


ヒットしかけの頃の

LINDBERGが、私達の前に

入っていて


マキちゃんの飲んでた

ストローやーーって

取り合いしたり(笑)



いつも皆で一緒にいた。


そんな家族のような

バンドで何度もライブした

ライブハウスが、もうすぐ

閉店するとか。


えー…


以前の日記に書いた…

昔の話←クリック


の中にもあったはず。。




これやな。





ここ、音響がいいと

お気に入りだった。


バナナホール

バーボンハウス

堺のJURI

パンセ…


慣れ親しんだ

ライブハウスが

なくなるのは寂しい。


ロケッツは頑張ってほしい。

あと

シルキーホールもね。。。

八尾のシルキーは

私の青春の場所。


生まれて初めてのライブを

した場所であり


生まれて初めて

付き合った彼氏と

出会った場所でもあり


生まれて初めて

プロポーズされた場所。


たくさんライブして

たくさんの人と

出会った場所。


頑張ってほしい。


【ライブ】



今日は、会社の部活?

バンドのライブが

福島区で、ありました♪


ももちゃんが初参加なので

行かねばなりません!


以前にも、一度聴いて

めっちゃ良かったので

楽しみでした☆


今回は、お酒を飲みながら

ブッフェも。





お料理が並んでいくのを

見てるももちゃん。





私、ナメクジみたい

じゃないですか?

塩かけたらなくなりそう

(ももちゃん談)



いよいよ始まり♪



相変わらずの声量と

優しい声。

この人の声、好きやなぁ。。

名前を知らないんやけど(笑)



ももちゃんも歌う♪




ふだん話をしてる声と

全然違うぞぉーー(((^^;)

さすがプロ☆



続いて前にも聴いて

すごく好きな声のKさん。

一応、名前を伏せてみた(笑)




ええなぁ。。。

自分の過去を頭に浮かべ

いろんな思いで聴いた。


スピーカーが、はおってて

kさんが正座で調整(笑)




あまりに、かわいくて

撮った写真を見せに行くと


『入部して!一緒にやろ♪』


あー…無理ー…(((^^;)


『やろーさぁー♪

腕痛かったらベターって

和音弾くだけていい!!

ライブとか二ヶ月に一回

くらいやし!!』


いや、でもぉー…(((^^;)


『はい!決定!!!』


調子が良くなったらね(笑)




昔…

5年くらい前?

Kさんと

こんな話をしたなぁ。。

いつか一緒にやりたいなぁ

って言ってた。


つい先日の

昔のバンドの仲間との

セッションがなければ

弾けてたかな。。。



久しぶりに

楽しいライブでした♪


みんなで店を出たら

ギターのAさんが

『待ってますから♪

一緒にやりましょう』

と何度も声をかけてくれた。



やりたいね。

楽しそうやね。


スタジオには

聴きになら行きたい(笑)



行ったら

弾きたくなるから

行かないけど。。。



また音楽

やりたくなっちゃった。



いかん

いかん。


ペンも持てなくなる。


我慢。







楽しそうーーーー(涙)







【さようなら】




先日、バッタリ再会した

昔のバンド仲間達の集まりに

呼ばれて行ってきた♪


もちろん、あの時に

一緒にいた昔の職場の子らも。


蟹のパスタとか

いろんな物を皆で♪





その後、ゲーセンに。

なんか学生に戻ったみたい。


14人でプリクラ無理矢理(笑)


音楽関係の人が多くて

載せられませんが


一番後ろまで離れての

顔しかない不気味な

プリクラが撮れた(笑)



そしてスラムダンクの

キーホルダーもらった。

200円で取れたとか。






読んでないので

スラムダンク大好きな

親友かあちゃんにあげよ。



それからカラオケ♪


昔、好きだった美里を

リクエストされた。


音程が狂ってくると

曲が終わってしまう採点。



奇跡が、おきた。





やった。


じゃぁ、これは?と再び

美里を入れられた。






私、すごくねーー!?(笑)


あんなに音痴だったのに…


『美里は、うまい。認める』


美里【は】?(−−)



他の曲、入れーさ(−−)

歌ってやろーやん(−−)



『じゃぁ当時のツレの曲』



でた(−−)

つんちゃんの。







( v^-゜)♪



皆が納得しない(笑)



一番のサビまでも

行けないの?

音楽で仕事してるのに?(笑)


なんて挑発してみたり(笑)



『じゃぁ、コレ』



Σ( ̄ロ ̄lll)



めっちゃ好きやけど

めっちゃ歌いにくい曲。。。






きたーーーー(* ̄∇ ̄)ノ


みんな認めない(−−)


機械が壊れてるとか(−−)



それから、バスケしよっか♪

ってなって。


メンバーの土地にある

バスケットボール施設に。


どんだけ金持ちやねん(−−;



スタジオもあって

鍵盤は、また指が

痛くなるから弾けないが


ドラム叩きたい。



ハードなんは無理やけど。


ジャズのスイングとか

ボサノバくらいなら。


アカペラで歌いながら

This Masqueradeを叩いた。


ギターが入り

ベースが入る。







弾きたい。


鍵盤、弾きたい。


ピアノは危険。

シンセくらいなら。。。


メンバーが他の部屋から

出してきてくれたのは






当時、流行っていたDX7。


うわーーーなつかしい…



『けど加奈は、こっちやろ?』

と、もう一台

出してきてくれた。






Σ( ̄ロ ̄lll)


これは。。。



うちの実家にも置いてある

ヤマハのSY77。。。


私が18歳の頃に

バイトでためた30万で買った

とても大好きだったシンセ。


20年くらい前、最新機種で

とてもクリアな

ストリングスの音色に惚れた。


どこに行くにも

大きなハードケースで

持ち歩いた。


すんごい重いのに。



サマータイムを、弾きだした。


仲間の音が加わっていく。


うわーうわーうわー…


10代の頃と同じ音。


同じメンバー。


同じ感動。



違うのは

私の指の動きだけ。


思うように動かない。


ドラムは、叩けたのに…


弾きながら涙がでた。



嬉しいような


寂しいような


懐かしいような


悔しいような…





一曲だけ弾いて

ヒックヒック泣きながら

洗面所で、顔を洗った。


ふふふ(笑)


顔も

昔と違う(笑)


帰りに、昔のメンバーに

アドレスを聞かれたけど

教えなかった。


もう私は、音楽で生きてない。


カラオケだけで、いい。


弾きたくなったら

カラオケ行って歌ってる。



指も腕も、私自身も昔と違う。


皆といると

私だけ、おいてけぼり。


また、やりたくなってしまう。


毎日毎日

学校

バイト

バイト

スタジオ


家に帰りつくのは夜中2時。

お風呂入って寝るのは3時。


けど学校を遅刻したら

やめなさいって親に

言われるから必ず

7時には起きて学校へ。


休日は早朝から

ヘッドフォンで指ならし。


いくつものバンドの

スタジオ練習したり

ライブを、はしごしたり。


けどもう、できない。



だから

一人だけ、先日教えたけど


連絡先を消して。


電話してくんなよっ。


今まで、たくさん

ありがとうね。。。


あんた達は私の自慢やわ。


テレビの前で応援してる。


頑張って。



最後にSY77を、皆の前で

弾けて嬉しかった。



バイバイ。




【愛してる 愛してる】
 
娘にすすめられて聴いた。

めっちゃいいなー・・・久しぶりに、何度も何度も聴いた。




イエス    Acid Black Cherry ←PV←パソコンからのみ


雨に打たれ 君を探して 叫んでいた
愛してる 愛してるよ
降りしきる雨の音に声はかき消された

届きはしない でも叶わない
張り裂けても 愛してる 愛してるよ
たった一言 簡単な言葉なのに
何故僕は君に言ってあげられなかったんだろう?

外は雨 あの日と同じ夜の雨
時間が忘れさせるのは嘘らしい
じゃれる君 恥じらう僕 すねる君
気が付けば君といた日々を思い出して

「私の事愛してる?」が君の口癖
誤魔化す僕 いたずらに笑う君が好きだったんだ

些細なことで君を泣かした 雨に打たれ
もういい もういいよ
何よりも大事な君の手を僕は離したんだ
涙浮かべ 笑って見せた 涙声で
バイバイ バイバイ
大好きだった君の笑顔が切なくて
愛しくて悲しく冷めた空が泣き出した

始まりはいつだっけ? 覚えてないけど
君に「好き」って言葉さえ言ったことなかったね
ねぇ今なら 今ならまだ間に合うのかな?
ポケットの中 誓いを仕舞い込み 君に会いに行くよ

雨に打たれ 君を抱きしめ 叫んでいた
愛してる 愛してるよ
柔らかな笑顔のまま静かに目を閉じた
そうこの手はもう離さない 涙声で
愛してる 愛してるよ
たった一言 簡単な言葉なのに
何故もっと早く言ってあげなかったのかな?
どうかこの指輪を受け取ってくれませんか?


失恋ソングかと思いきや・・・・

最後に、そうくるんだぁ。。。

ヤスは好きではないけど、この曲はいいなぁ。。。

【高校生の頃のスケジュール】
 
先日、実家でエレクトーンを弾くべく

古い楽譜を出してきたら・・・


高校生の頃、つけていたシステム手帳の中身が出てきた。

左にスケジュール

右に簡単な日記を、ぎっしり。




よく、いろんな人に「昔、ヤンキーやったやろ(笑」

って言われるんだけども。。。


いたって真面目で、高校は遅刻も早退もせず・・・

いや、ちょっと、早退はして、当時、流行っていた難波の

ディスコに、友人達と、何度か、繰り出したことはある・・・


けど、ほとんど四時前に高校が終わり

彼氏のバイクで、バイト先まで送ってもらって

クレープ焼いたり、ケーキ並べたりして・・・


夜7時半までクレープ屋さんでバイトして、徒歩で移動。

8時前から11時くらいまで、工場でピッキングのバイト。


その後、彼氏が迎えに来てくれて、バイクでスタジオに。

夜中1時頃までスタジオで練習して、彼氏に送ってもらって

家に帰るのが2時くらい。


お風呂に入って、寝るのは3時前。

だけど朝は7時に起きて、高校に通った。


そんな生活の中、バイトが休みをとれれば

ライブに通った。


プロと素人の間くらいの、50人くらいファンがいる程度の

バンドの友人が、とにかく、たくさんいた。


当時は携帯なんてなくて。

住所録をザッと見ても、400人以上は住所、電話番号が

書いてある。


システム手帳のほとんどが、住所録

どこのライブに行っても、何人かは必ず知ってる子がいた。


私は当時13個のバンドをかけもちしていて

その中の一つのバンドで、高校卒業ライブをした


小学校の担任とか、母親はもちろん、親戚まで来てくれて。

小学校、中学校の友達も来てくれて、同窓会みたいな感じに。

数十人だけど、ファンの子もいて、ものすごい人になった。

よく使っていたライブハウス初の人数を動員した





私の青春だった。


そんな中、ちょろっと書いてある日記が、おもしろかった。


横下も、アツコも、楽譜を全て暗記してきた ヒーーー

私は、音を作るだけで、精一杯だった  ヒーーー

ハルオさんに、加奈、気合いがたらんなーケラケラ
って言われた  ヒーーー



意味がわからん。。。(−−)

なんやねん、ヒーーーって(−−)




晴れのち曇りのち時々雨のち雪

どれやってん(−−)

記録になってないし(−−)



マリちゃんが、土曜日にお爺ちゃんが亡くなったと
田舎に帰ってしまった。
ジュンスカのコンサートのチケットは、マリちゃんが
二枚とも持ってて行けなかった。


ぎゃはははははは

私、かわいそーーーーー


そんな思い出に浸っている横で・・・・

ちょびら、なんですか、その格好は!!!!





【好み】
 
娘が生まれた頃

私はラルクにはまった。

育児しながら、ラルク。

当時、まだビデオテープの時代に

二時間テープを三倍速で録画。


六時間、どこから始めても、ハイド、ハイド、ハイド


それから数年、私のラルク熱はデビューしたての

EXILEへと移行した。


ラルク卒業。


しかし、去年くらいから娘がラルクに夢中

部屋中、ハイドさん、ハイドさん、ハイドさん


「あんなカッコイイ42歳、おらん」

「あんなに背、小さいのにカッコイイ人、おらん」


あー・・・わかるーーーー

EXILE卒業。

ラルクに再入学。


DVDが発売された。

19800円


先日も、9000円のコンサートに二日続けて参加していた。


アホやろ

ってくらい、ラルクにはまっている娘。


バイト代、全部ラルクと服で消えている。。。


一緒にDVDを観ていたら、やっぱりカワイイ


そこに、チョンと置いておきたいよなぁぁぁぁぁぁ


血は争えない。。。

好み、いっしょ



これ、変な顔ーーーーーー
BOYZ II MEN
EXILE ATSUSHIがBOYZ II MENアルバムで美声共演再び [JUGEMニュース]

 10月12日にリリースされるBOYZ II MENのニューアルバム

「TWENTY」の日本盤に、EXILEのATSUSHIが

ゲスト参加していることが明らかになった。


何が好きってね。

私、娘がいない時、寝た後など

1人で部屋の照明を切って

キャンドルだけつけて

BOYZ II MEN を聴くのが最高にリラックス状態

【On Bended Knee】 とか

【End Of The Road】 なんて、ウットリする


ASUSHIの声は好きなんだけど

ASUSHIがBOYZ II MENと一緒に歌った

End of the Day は

全く良いとは思わなかった・・・